産業カウンセラーとは
ご相談はこちら
ご相談はこちら
企業・団体の方
一般の方
ご相談はこちら
講座のご案内
講座のご案内
産業カウンセラー養成講座
国家資格キャリアコンサルタント養成講習
New Senior Training Course 新シニア育成講習
シニアコース講座
JAICOストレスチェックアドバイザー
その他の研修・セミナー
講座のご案内
Q&A
About Industrial Counselors 産業カウンセラーとは
私たち産業カウンセラーは、心理学的手法を用いて働く人たちが抱える問題を自ら解決できるよう援助する、働く人のサポーターです。
産業カウンセラーの主な活動領域
1.メンタルヘルス対策への援助
現在の雇用状況は大変厳しく、働く人は多くのストレスを抱えています。これらを放置したままではメンタル不全となるだけでなく、職場の生産性の低下や大事故へとつながることが予想されます。個人と組織、双方に対するメンタルヘルス対策への援助は、緊急課題といえるでしょう。産業カウンセラーは、メンタルヘルス不全の予防から危機介入、職場復帰支援など、幅広い分野で活動しています。
2.キャリア開発への援助
終身雇用制度が終焉を迎え、働く人の環境も意識も大きく変化しています。自己責任で自らのキャリアは自らがデザインしなくてはいけない時代になってきました。一般社団法人 日本産業カウンセラー協会は、働く人の上質な職業生活(Quality of Working Life)の実現をめざし、働く人のキャリア教育およびキャリア・カウンセリングに取組んでいます。また、キャリア開発の援助を担うキャリア・コンサルタントの養成にも力を入れています。
Image
3.職場における人間関係開発への援助
働きやすい職場、働きがいのある職場を作るためには、総合的なメンタルヘルス対策とキャリア開発だけでなく、良い人間関係を作りあげることも大切です。良い人間関係を作るためには、良いコミュニケーションが必要。産業カウンセラーは、コミュニケーションスキルやリーダーシップの指導など、個々人の成長を促す人間関係開発への援助をします。
産業カウンセリングの対象 1)働く人とその家族を対象とし、従業員だけでなく、経営者、働く人を求めている人 2)産業の場〜働く人々のいる職場